優越感にニンマリ!遊び感覚で心も喜ぶちょっとした行動とは?

あなたは

どこかの宿舎や

公民館などで、



トイレに行ったとき、



そこにある

トイレサンダルを

気にしたことはありますか?



たいていの場合、

トイレサンダルは

きちんと並んでいません。



とくに

男性用のトイレは

バラバラです。



娘とよく行く

市民プールの

トイレなんかは



子どももたくさんいるので

特にグチャグチャ



片方だけ

1m離れたところに

飛んでいってたり、



裏返しになってたり。





そんなとき

大抵の人は



乱れたサンダルを一足

足でたぐり寄せ、



用をたすと思います。



僕も昔はそうでした。



でも、

はづき虹映さんの書かれた、

ある本を読んで、



たまにやっていることがあります。

乱れた靴



それは、

「乱れた靴を、そろえること。」



とても簡単な作業ですが、

公共の場所では、

たぶん誰もやりません。



特に男は

まず99%やらないですよね。





僕なんて

自分の家の玄関のくつでさえ

満足にそろえないですからね(~_~;)





この、「靴をそろえる」という

ちょっと良いこと、



やってみると

なかなかいいですよ♪





キレイにそろえるのって、

単純に、気持ちがいい作業ですし、



なにより、



99%の人がやらない作業を

僕だけがやっている!



という優越感が

結構気持ちいいんです(^O^)



ホントーに些細なことですが、



良いことをやっているので

ポジティブ感もありますし、



100人中

99人がやらないことを

やるということは、



残りの99人より

僕はスゴイ人!



ということに

自動的になるわけです(^O^)





もちろん

靴をそろえるだけの

たったこれだけのことで、



人の優劣が

決まるわけではないですし、



そもそも他人と自分が

どちらが優れているかなんて、

比べるものでもないし、



うまれた環境などあらゆることが

他人と自分とは違うわけですから、



比べようもないことですけどね(^^ゞ



でも

なんとなく、



「ポジティブ優越感」

みたいなのが、

心に芽生えて、



「俺ってスゲー!」って

思えるんですよね、これ。





あなたも、

遊び感覚で、



なにか少しだけ、

簡単にできる、ちょっと良いこと



考えてやってみるといいですよ♪



例えば、



「一日一つだけ、ゴミを拾う」とか

「コンビニのマンガ本を、キレイにそろえる」とか

「レジで『ありがとう』と言う。」とか



日常の中で、できそうなことでも、

あまりみんながやらないこと



結構あります。



ほんのちょっとのことで

大丈夫なので、



何か考えて

やってみてください。



ただ、

「何でも良いから”いいこと”をしよう」

というのは、



ちょっとお勧めしません。



この

「ちょいポジ(=ちょっとポジティブ)」なやり方では、



ちゃんとやることを

決めておいた方が、

やりやすいと思います。



何をするか決めておいて、

それをやることで、



ポジティブ優越感が、より高まります(^^ゞ



「何度もこれ、やってるんだよ俺は!」

って、思えますからね。

(大したことやってないんですけどね(^^ゞ)



また、

いつも絶対にやろうとすると

負担になって楽しくなくなるので、



やりたい時だけ、やるのがいいです。





「今日はめんどくさいから、やらないでおこう」

って時も、



「俺ってチョイ悪 」(^m^)

とか思って、



それはそれで

楽しいです♪





こんな

ちょいポジだけでも

続けてやっていくだけで、



自分が自分に与える評価は

ぐんぐん上がってきます!



そうすると

だんだん自分が

好きになっていきますよ~。



試してみてくださいね♪






 

 

無料メールレター「ハッピースパークル通信」: 無料遠隔ヒーリングもあります☆ 

 

あなたの純粋なハートが、信じられない奇跡を運んでくるよ☆
ラブピュアセルフプログラム開催日程

 


直傳霊気セミナー開催日程

 

 

 


スピリチュアルコラム の関連ページもオススメです